D-Conceptイメージ画像

UNIVERSAL DESIGN HOUSE

ハイスペック × ローコストを実現する規格設計

シンプルでモダンな外観はデザイナーが手がけ、4,000棟の実績から様々なご家族が暮らしやすいユニバーサルデザインを採用し、東西南北それぞれに対応する最高のプランニングとインテリアコーディネーターによる内装デザイン、照明計画、細部までこだわったD-Concept。

D-Conceptは、内観・外観の機能性やデザイン性、設備性能や機能性を「規格」という形にすることで高いクオリティーで実現しています。

  • D-Conceptイメージ画像
  • D-Conceptイメージ画像
  • D-Conceptイメージ画像
  • D-Conceptイメージ画像
  • D-Conceptプラン画像
  • D-Conceptプラン画像
  • D-Conceptプラン画像
  • D-Conceptプラン画像
  • D-Conceptプラン画像
  • D-Conceptプラン画像
  • D-Conceptプラン画像
  • D-Conceptプラン画像

全ての人の暮らしにフィットするユニバーサルデザイン

家族が自然とリビングに集いコミュニケーションが生まれる間取りに開放的なLDK。生活感を感じさせないデザインと充実した収納と考えられた導線など機能性を両立したプランは、お客様の様々なライフスタイルにフィットします。

東西南北ごとに坪数に応じたプランを用意しております。数多くの洗練されたプランから最適なプランをお選びいただけます。

  • D-Conceptイメージ画像
  • D-Conceptイメージ画像
  • D-Conceptイメージ画像
  • D-Conceptイメージ画像

FPの家イメージ画像

OriginalFrame & UrethanPanel

夏涼しく、冬暖かい。FPの家が年中快適な理由

人が健康で、快適に暮らすことのできる環境は、夏で26~29℃、冬で19~22℃、湿度は40~60%くらいといわれています。
私たちの住む日本は南北における気候の違いは大きく、どの地域でも自然のままの快適な温度で過ごせるのは、1年のうち数ヶ月しかありません。
このように夏の暑さや冬の寒さなどに影響されることなく、1年を通じて快適な環境を保てる住まいをめざし、「FPの家」は生まれました。

  • FPの家断熱イメージ画像
  • FPの家断熱イメージ画像
  • FPの家イメージ画像
  • FPの家イメージ画像
  • FPの家イメージ画像
  • FPの家イメージ画像

FPパネルが可能にする自由な空間と優れたデザイン性

大きな吹き抜けをつくっても遮断パネルとFPウレタン断熱パネルで囲まれた「FPの家」なら、快適さは維持されます。また、狭小な土地や建物の高さが制限される地域でも室内空間にゆとりを持たせ、設計にも広がりをもたせます。

太陽熱が屋根面で遮断されるので、小屋裏の空間がなくなり、そのスペースがロフトや吹き抜けとして生かされます。それまではデッドスペースだった小屋裏がフルに活用でき、空間づくりの幅が広がるとともに、さらにゆとりのあるプランをかたちにできるようになりました。

優れた耐震性・断熱性と変わらない性能

FPウレタン断熱パネルの素材である硬質ウレタンフォームは、水や空気をほとんど通さない独立気泡構造の軽量な発泡体です。素材そのものが耐水性・防湿性に優れていることと、外壁下地の内側に通気層を設ける仕様が、湿気の侵入や滞留を防ぎ、壁内部の結露(壁体内結露)の心配を無用のものにしています。

経年による品質劣化や性能劣化がきわめて少ないFPウレタン断熱パネルは高耐久性能の証として壁体内の「無結露50年保証」をお約束しています。

FPウレタン断熱パネルが業界初の壁倍率大臣認定を取得

FPウレタン断熱パネル(筋交いなし壁パネル)が壁倍率2.1倍の国土交通大臣認定を取得しました。
耐力面材や筋交いのないパネル枠と一体成型された硬質ウレタンフォームが主耐力として認められた壁倍率大臣認定は、業界初となります。

  • FPの家ウレタン断熱パネルイメージ画像
  • FPの家ウレタン断熱パネルイメージ画像

木造住宅「木の家」イメージ画像

Universal Design

四季のある日本に最適な住まい
木造軸組在来工法で造る自由な間取りと広い空間

日本に古くからある伝統的な建築方法が「在来工法」と呼ばれ、日本の多くの住宅で用いられています。柱や梁など木の軸を使った工法で、お寺や文化財などもこの工法で、今に至るまで長くその姿をとどめています。

日本には「四季」があり、木を使った在来工法は、日本の風土に最も適していると言われます。木には湿度を調整する働きがあり、夏に湿気を吸収し、乾燥する冬に湿気を放出します。四季の変化に対応し、暮らしやすく快適な環境をいじしてくれます。
とても自由度の高い理想的な工法ですが、近年の工業製品に近い工法とは異なる工法で、確かな技術が要求されます。長年のノウハウを形にした八興建設の「木の家」で、夢を実現してみませんか。

  • 木造住宅「木の家」イメージ画像
  • 木造住宅「木の家」イメージ画像
  • 木造住宅「木の家」イメージ画像
  • 木造住宅「木の家」イメージ画像
  • 硬質ウレタンフォームイメージ画像
  • 硬質ウレタンフォームイメージ画像

断熱性能を上げる硬質ウレタンフォーム

在来工法は木の軸で支える工法で、面の部分の空間を断熱施工します。一般的な断熱材として以前はグラスウールが使われていましたが、施工により断熱効果に大きな差が出てしまうものでした。グラスウールに変わる断熱材として硬質ウレタンフォームがあります。
施工によるムラが少なく断熱効果のとても高い工法です。天井と床には、同じく施工ムラの少ないブローイング工法を、ガラスにはペアガラスを施工し、八興建設の「木の家」は、在来工法の自由度と高い断熱性を両立しています。

<リフォーム・リノベーション・解体工事もお受けしております。お気軽にご相談ください。>

CONTACT

FPの家、木造住宅、D-Conceptの詳しい内容についてのお問合わせ、新築・リフォームのご相談や資料請求についてはこちらからお問い合わせください。

  • <お電話でのお問い合わせ>
  • 0288-22-5418
  • 受付時間:平日 AM8:00 ~ PM5:00

資料請求・お問い合わせはこちら>